開拓の歴史

これまでのキッズコムファーム開拓の歴史や開拓隊の活動のようすをご紹介しています。
動画や写真でも掲載していますので開拓隊員のがんばりや活躍をぜひご覧ください。

2018/11/12

ちびっこ開拓隊 第27陣〜第30陣 ダイジェストムービー

2018年夏 子どもたちが一大プロジェクトに挑戦しました!

それは、「レンガの家を完成させよ!」というミッション。
自分たちの手でゼロから作り出しカタチにする。『住み家』でさえも

自分たちで手に入れるのです。雨にも負けない、風も負けない丈夫なレンガの家を子どもたちの力だけで造り上げるといういう壮大なプロジェクト!
7月24日~8月27日までの1ヶ月間で、
第27陣~30陣の、

95名以上のちびっこたちが、自分の力ではどうしようもない困難に立ち向かいながら、仲間と共に時には涙し、時には兄弟以上の信頼をめばえさせながら、陣から陣へとその想いをつないだ、子どもたちの奮闘と成長の感動記録です。

 詳しく見る

2018/08/22

<ちびっこ開拓隊 第30陣>レンガの家完成なるか?!②

連日、雨が続いていましたが、ようやくお日様が顔を出しました。「絶対に完成させる!」「完成させるまで今日は終われない!」レンガの家を完成させることだけを見ているチャレンジャー達。

最終日の明日、午前中の2時間、みんな死にもの狂いで取り掛かるも、焦る気持ちと不安が入り乱れ、「完成出来ないかも知れない、でも絶対に完成させたい・・・!」と涙を流すチャレンジャーもいました。しかし決して弱音は吐きません。泣きながら歯を食いしばり、絶対に手は止めません。「あと10分だ!」レンガを持って必死に走るちびっこチャレンジャーと、“絶対に失敗は許されない”と、真剣にレンガを積む大きいチャレンジャー。

そしてついに、7月末から始まった真夏のちびっこ開拓隊。第27陣から4陣に渡って想いを繋ぎ、1カ月をかけ、目の前には堂々と建つ立派なレンガの家が完成しました。

2018年夏、95名のチャレンジャー達による、“想いの数珠繋ぎ”として与えられたミッション『レンガの家づくり』この家には、子ども達の楽しさや、嬉しさ、苦しさや、くやしさなど、いろんな思いがつまっています。子ども達のおかげで、また1つ、ちびっこ開拓村が進化し、キッズコムファームの夏を締めくくりました。

 詳しく見る

2018/08/22

<ちびっこ開拓隊 第30陣>降り続く雨①

ついに、最終陣!なんと、今回は特別に、プロスキーヤーの井山敬介選手と、元スピードスケート選手、金メダリストの清水宏保さんという超一流のお二人が一緒に開拓に参加してくれました!

早速モルタル組とレンガ組に分かれて開拓開始!第30陣は台風が接近していてずっと天気が悪く、雨の中での作業が続きました。モルタル班のちびっこチャレンジャー達が、どれだけ水の量を調整して作っても、レンガの上にのせると雨でどうしても流れてしまいます。それでも何度も何度も挑戦するチャレンジャー達。「まずい。まだ一個もまともに積み上げられてない…」と焦るレンガ班のメンバーも。着ているカッパも、手も顔もドロドロになりながら積んでみますが、どう頑張っても、今日はできません。村長からストップの言葉がかかった時、その瞬間、みんなから笑顔は消えてしまいました。

 

 詳しく見る

2018/08/17

<ちびっこ開拓隊 第29陣>最後まで諦めない②

29陣の開拓も後半戦。目標はレンガを27段まで完成させることです。この数日間を過ごす中でいつの間にか、全員の想いが一つになり、これまでにないくらい真剣な表情で、駆け足で作業を進めていくチャレンジャー達。ちびっこチャレンジャー達も必死に周りの勢いに着いていっていました。最終日は、いつもなら、「お腹減った~!」なんて声が聞こえてくる夕暮れ6時頃でも、誰一人として作業を止めません。辛いけど、しんどいけど、でもみんなと一緒に頑張ることが楽しい!「みんなの目標、絶対に達成させるんだ!」という本気の想いが感じられました。

そして…ついに、目標のレンガ積み27段完成!すでに真っ暗なファームの中で、ライトを照らしながら、最後まで決して諦めませんでした。さあ、あとは想いを30陣に繋ぐだけです!!!

 詳しく見る

2018/08/17

<ちびっこ開拓隊 第29陣>非常事態発生!①

2018真夏のちびっこ開拓隊も、いよいよ後半戦!第29陣は、なんと過去最多の31人のチャレンジャーが集まりました。早速、レンガの家作りに必要な、モルタルを作るために、第22陣がファーム内の沢から頑張って引いてきてくれた水がめに水を汲みに行くとなんと、水がないという非常事態が発生!原因をみんなで確かめに行くと、沢に作った集水バケツに落ち葉や小枝が溜まり、水路を詰まらせて水が出なくなっていたことが判明!!すぐさま、チャレンジャー達で修理に当たり、ようやく開拓開始です!モルタル作りは、時間が経つと固まってしまうため、スピードが勝負です!チャレンジャー達は、早くしないといけないというプレッシャーに負けて、なかなか上手くできない様子・・・。それでも、子ども達は常に、その時に出せる力を全部出しきって、作業に取り組みました。

 詳しく見る

2018/07/29

<ちびっこ開拓隊 第28陣>土台完成!②

ついにラストスパート、開拓最終日。レンガを5段目まで絶対に積み上げる!という目標を設定し、黙々と作業に入りました。ただひたすらにモルタル(レンガとレンガをくっつけるための、砂の接着剤)を作り、レンガに塗り、そのレンガを積んでいく…単純作業ですが、少しでもズレるとやり直しになる事は学習済みです。二度とやり直さないために、集中力と根気をきらさずに作業を続けます。そして、ついに、目標達成!しんどい作業も前だけを向き挑戦し続けました。沢山の困難を乗り越えた先に見せたチャレンジャー達の顔は笑顔に満ち溢れていました。何にもなかった土地にようやくレンガの家らしきの形が見えてきたところで、見事に次の陣へとミッションを引き継ぎました。

 詳しく見る

2018/07/29

<ちびっこ開拓隊 第28陣>大切なのは正確さ①

28陣の開拓スタート!第27陣に引き続き、まずはレンガ積みを開始しました。ところが、順調に進めていくも、ふと気づくとなぜかどんどんレンガが歪んでしまいます。その理由は、一つ。“真剣さが足りない”からです。「これは真剣にやらんとまっすぐ垂直にならんのだぞ。やり直しの仕事って開拓作業の中でも一番、無駄な時間って分かってるか?少し時間かかっても真剣に、丁寧に一発できめろ。」と村長に喝を入れられ、丁寧さを取りもどすチャレンジャー達。どんなに作業が早く出来ても、中身がぐちゃぐちゃであれば、それは出来ていないのと一緒であり、何事もまずは正確さが大事であることを学びました。

 詳しく見る

2018/07/24

<ちびっこ開拓隊 第27陣>初めが肝!土台作りから!②

ついに長い長い作業を終えて土台部分が完成し、ようやく次の工程、レンガ積みに突入!チャレンジャー達の中で、「30分で150個」のレンガを、作業場まで持ってきて積み上げるという目標も決まりました。やると決めたらやるしかない!13キロもあるレンガを何個も持ち上げて、走って運ぶチャレンジャー達。たとえ、しんどい作業であったとしても、目標があったら楽しくできるということを、この数日で自然と学ぶことができました。

そしてなんとか、150個積み上げる目標を達成!次は、レンガを土台の周りに並べていく作業です。次第にコツを掴んで、効率も上がってきたチャレンジャー達は、黙々と作業を続け・・・そしてやっと土台の周りにレンガを敷き詰めることができました。地道な作業が多かった第27陣ですが、最後まで諦めずに見事に達成させました。そしてその想いを28陣へ・・・・!!よく頑張りました。

 詳しく見る

2018/07/24

<ちびっこ開拓隊 第27陣>全国各地から集合!①

2018年真夏のちびっこ開拓隊が開始!今回のミッションは『レンガの家造り』です。このミッションの成功は、この第27陣が作る土台にかかっています。まずは家を建てる場所の地をならし、次に川砂利と川砂を、綺麗にならした土の上に敷き詰めます。都会育ちのチャレンジャー達は使った事がないようないろんな道具を目の前にして、悪戦苦闘。持っているだけでも重たいのに、延々と続く地道な作業に早速涙ぐんでいるチャレンジャーもいましたが、途中で手が止まっても、へたり込んでも、仲間や隊長から声をかけられると、再び起き上がって作業を始めることができました。

開拓後、みんなで歩いてホストハウスに向かって帰っていると・・・シカの親子を発見!初参加で、初めて野生のシカを見たみんなは大興奮です!チャレンジャー達は、ファームで本物の大自然に思いっきりハマっていき、最初は遠慮がちだった子も、自然を通していつの間にかすっかり仲良くなりました。

 

 詳しく見る

2018/03/25

<ちびっこ開拓隊 第26陣>巨大滑り台と雪の巨大迷路づくり②

続いての『雪の巨大迷路づくり』ミッションでは、縦横20メートルの幅で積んでいる雪に道を作ることに挑戦。

みんなで、ああでもないこうでもない、と雪をうまくすくう工夫を凝らします。雪を崩して、運ぶ、崩して運ぶの繰り返しの厳しい作業が続きます。それでも、『頑張る。やる。』と、泣くのを必死でこらえながら作業の手をとめることなくミッションを遂行します。

そして・・・ついに迷路が完成!子ども達の手だけで、遊び道具さえも造り上げたのです。

自分たちで造り上げた、200mにも及ぶ巨大滑り台、そして世界に一つだけの巨大迷路。完成後は「お前たちもう十分だろ~?」と村長から声がかかるまで、思う存分遊びに遊びました。56日を共に過ごした仲間たち。解散の時には、名残惜しそうにハイタッチし、「また次の開拓隊で会おう!」と約束するチャレンジャー達でした。

 詳しく見る

お申込み・お問い合わせ

株式会社キッズ・コム

 050-5838-7406

受付/月~土 10:00~18:00

ページトップへ

 Menu